羽生凱旋パレード、4月22日有力…距離延長も

2018/03/17

仙台市出身で平昌(ピョンチャン)五輪で2大会連続の金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の羽生結弦選手の凱旋(がいせん)パレードについて、市が4月22日を軸に調整を進めていることが分かった。今月中にも正式発表する見通し。羽生選手の凱旋パレードは2014年のソチ大会後に続き2度目となる。市は、羽生選手が平昌大会で金メダルを獲得した直後にパレードを開催する方針を表明していた。前回は、市中心部の道路約900メートルで開催され、約9万2000人が沿道に詰めかけた。今回は、羽生選手がけがから復帰しての金メダル獲得と、同種目66年ぶりの連覇というニュースも重なり、さらなる盛り上がりが予想されることから、市はパレード距離の延長なども検討している。2018年03月17日10時57分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

羽生凱旋パレード、4月22日有力…距離延長も
羽生凱旋パレード、4月22日有力…距離延長も
新田佳浩、8年ぶり「金」…日本勢今大会3個目

ラルフローレン 子供服 格安
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ilk8765

Author:ilk8765
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ